日本の行事/法事料理 大阪 はな千本

法事料理 大阪 はな千本
メニュートップ
ホーム
料理のご案内
素材へのこだわり
おもてなし
ご注文の流れ
お客様の声
メニューフット
お問い合わせ
日本の行事
モバイル版

日本の行事

お子様の誕生と成長のお祝い

お七夜 ご誕生から数えて7日目のお祝。
お宮参り 生後30日前後に初めて神社にお参りし、お祝いします。
お食始め 生後100日前後に赤ちゃんに祝い膳を整え、一生食べ物に困らないように願いを込め、お祝いします。
初節句 男の子は5月端午の節句、女の子は3月桃の節句、1歳になる前初めてのお節句をお祝いします。
七五三 3歳男女、5歳の男子、7歳女子の健やかな成長を祈願するお祝です。

結婚記念のお祝い
25年 銀婚式
50年 金婚式

長寿のお祝い
還暦(61歳) 数え年61歳で、再び生まれた時の干支(えと)に還ることが由来。
古希(70歳) 杜甫(とほ)の詩中の句「人生七十古来稀(まれ)なり」が由来。
喜寿(77歳) 「喜」の草書体が「七十七」に見えることが由来。
米寿(88歳) 「米」の字を分けて書くとと「八十八」になるこが由来。
卒寿(90歳) 「卒」の俗字「卆」が「九十」に見えることが由来。
卒寿(90歳) 「百」の字から「一」をとれば「白」となることが由来。

ご法要・回忌
初七日忌 亡くなった日から数えて7日目に行うのが正式ですが、葬儀当日にあわせて行うこともあります。
五七日忌 没後35日目。僧侶を迎え手厚く供養します。
七七日忌 四十九日。この日をもって忌明けとし、ご法要の後、精進おとしのお斎(会食)が行われます。
百か日忌 後100日目。一般には、遺族・親族で行います。
一周忌 没後満1年に自宅や菩提寺などで、遺族・親族・知人などで供養し、精進おとしの会食をします。
新盆 仏様(亡くなられた方)がはじめて迎えるお盆で、特に丁寧に供養をします。
一周忌後の主な法要 一周忌後は、三回忌、七回忌、十三回忌、十七回忌、二十三回忌、二十七回忌、三十三回忌、五十回忌のご法要をそれぞれ行います。
年忌法要は、亡くなった年も1年と数えるので、三回忌は満2年目になりますが、それ以降の法要はごく親しい人だけで行うのが一般的です。
法要後はやはりお斎(会食)が行う習慣があります。
月忌 月ごとにめぐってくる命日。
祥月命日 毎年めぐってくる命日。
弔い上げ日 三十三回忌またはが十回忌で区切りをつけ、以降は先祖代々として供養します。


ホーム料理一覧ご注文の流れ素材へのこだわりおもてなし日本の行事箱御膳料理
御膳料理(お持ち帰り用)お子様会席2段弁当海鮮鍋祝い膳お寿司・オードブル各種会合用お弁当
お客様の声会社概要プライバシー・ポリシーお問い合わせサイトマップリンク

Copyright© 2011 法事料理 大阪 はな千本 All Right Reserved.